背中ニキビの治し方!化粧品・薬・エステどれが良い??

■この記事は約3分で読めます。

senakade

背中ニキビは、化粧品を使ってセルフケアする方法や市販や処方薬の薬で治す方法もあります。

それから、エステサロンでニキビ用のエステを受ける事もできます。

この3つが代表的な治し方ですが、あなたならどれを選びますか??

正直言って、全部が完璧に良い!というものはありません。それぞれメリット・デメリットがあります。

その中でも、特にメリットが多く、背中ニキビをしっかりとケアできるものを選びたいですよね?

でも、化粧品・薬・エステのどの方法でニキビケアをしたらいいのかわからない……といった方もいると思うので、

それぞれを比較できるように、メリット・デメリットをまとめました!

良かったら参考にされてください♪

化粧品・薬・エステ、それぞれのメリット・デメリット!

 薬のメリット・デメリット

できてしまったニキビケアを早められるところはメリットですね。薬効のある成分が入っているので、ニキビをキレイにすることができます。

デメリットは根本的な解決にならないので、結局繰り返してしまうこと。処方薬を使う時は皮膚科に定期的に通わなくてはなりません。

さらに、副作用がキツイという点も挙げられます。ニキビ用の軟膏などは刺激の強い成分を配合している為、

副作用が起きやすく、約80%の方が経験されているようです。中には皮膚がはがれたというケースもありました。。。

副作用のリスクがあったとしても、薬を使いたい!という方は良いかもしれませんが、私はあまりオススメできません。

 エステのメリット・デメリット

エステのメリットは、サロンによって内容は違いますが、リラックスできたり、丁寧なケアを受けることができます。

デメリットとして、エステでは主にレーザー治療が行われるようですが、激しい痛みを伴うケースもあり、途中で断念されるという方もいます。

さらに他の方法に比べると費用は高くつきやすく、定期的に通う必要もあるので、お金と時間がかかります。

平均的な相場は、1回あたり1万~1万5000円ほど。

個人差はありますが、一度行けば完全に治るということはなく、何度も通わないといけません。

その度にお金と時間がかかってしまうので、時間とお金に余裕のある方だけにおすすめすることができます。

 化粧品のメリット・デメリット

セルフケアなのでエステに通う手間も、時間も必要なく、格安でケアをすることができます。

この頃は、自宅でのケアで十分に背中ニキビがキレイにできたという方も多く、背中ニキビケア専用の化粧品でのケアをされる方が多いです。

ぶつぶつがある背中は誰にも見せたくない!という方も化粧品でのケアを選ばれているようです。

デメリットとしては、即効性に欠けるという点です。塗った瞬間すぐに治るというより、コツコツケアをしてキレイにしていくというものです。

個人差はありますが、1週間から3ヵ月程かかるようです。

結局、どれが一番良いの??

2014-05-22_120659_mini

背中ニキビ治し方には3つの方法がありますが、一番良いのはやっぱり化粧品ですね。

薬やエステと比べても、断然メリットが多いです^^結果が出るまで多少時間はかかりますが、肌の負担も少ないし、ケアも楽にできます。

化粧水やクリームなどの基礎化粧品には、いろんな種類がありますが、その中でもニキビ専用ものを選んでください。

普通の化粧品と違って、ニキビ用は炎症を抑えたり、キレイにする成分なども入っています。

化粧品選びの次に大切なのは、根気強く継続することです。

じっくり使い続けることで肌も整って、ニキビを繰り返さなくなります。治すだけでなく、繰り返さなくすることも意識するなら、化粧品が一番ですね^^

背中ニキビ専用クリーム37%OFF&返金保証付き!

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^