【重要】赤ちゃんにニキビができる原因と治し方とは??

■この記事は約3分で読めます。

aka

赤ちゃんの肌ってすべすべでキレイですよね!

肌トラブルとは無縁なほど潤ってますが、やっぱり赤ちゃんは大人に比べて未熟な身体なので、ニキビや湿疹はできやすい肌なんです。

赤ちゃんにニキビができる原因は、大人のニキビとも似ています。ニキビの主な原因といえば「毛穴詰まり」ですが、赤ちゃんにも該当します。

根本的に言うと、新生児ならではのホルモン異常が原因です。

毛穴も未発達であること、また体内のホルモンが原因で、皮脂や汚れが毛穴の中に詰まりやすいと言われています。

他にも外部ダメージが考えられます。

赤ちゃんは基本的に寝具で横になっていますよね。その寝具が汚れていたら、赤ちゃんの肌にうつって雑菌が増えてしまいます。

しかも、赤ちゃんが動くたびに摩擦も起こり、ニキビ・炎症が悪化することも考えられます。

とくに、かぶれやすい部分はニキビができやすいので注意。

たとえば、オムツで蒸れるお尻、服で蒸れる背中などなど。顔以外の部分にもニキビができやすいので注意深く観察してください。

原因はわかった。じゃあ赤ちゃんニキビはどうやって治せばいい??

赤ちゃんのニキビを治すには・・・基本的に特別な治療は必要ありません。

成長とともに、ニキビの進行も防げますから、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

ただし、清潔にするなどのケアは必要ですよ。とくにかぶれやすい部分は念入りにケアしてあげましょう。

お風呂ではやさしい石けんを使って丁寧に洗い、清潔な状態を保つようにしてください。

この時、石けんをしっかり泡立てないと刺激になることもあるので、濃厚な泡で包み込むように洗ってあげましょう。

体を洗ったあとは、オーガニックなど優しい素材のタオルで拭いてください。その後、保湿ケアしてあげます。

ベビーローションなど低刺激で赤ちゃん用のクリームを使用し、肌を保湿してあげましょう。

また、夏場など汗をかきやすい時期はこまめに汗を拭きとってあげたり、ニキビを傷つけないために爪を短く切ってあげるなどの工夫も必要です。

もし、ニキビが悪化してひどく腫れているようなら、早めに病院で診てもらいましょう。

他に気を付ける事や注意点とかある??

赤ちゃんのニキビケアで、まずママさんに注意してほしいことは「神経質になりすぎないこと」です。

赤ちゃんのことが心配になるのは分かりますが、親の不安は子供に伝わってしまうものなので、あまり過剰に心配しないように!

寝具を変えたり、クリームでケアしたりしながら、肌の調子を数日みてみましょう。

ただ、赤ちゃんの肌はとってもデリケートで敏感なので、肌に優しいクリームでも赤ちゃんには刺激を与えてしまいます。

製品を使用してケアするときは、必ずベビー用品を使ってください。

また、腫れがひどい・広範囲に赤みを帯びているときは念のため、病院に行きましょう。

素人判断でケアをするより、病院で診療をされた方が赤ちゃんのためになります。

ニキビと思いきや、乳児湿疹や他の皮膚トラブルの可能性もありえるので^^;

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^