どうして、あぶらとり紙で皮脂を取るとニキビを悪化させるの?

■この記事は約3分で読めます。

abura_mini

化粧ポーチに、「あぶらとり紙」入ってます??

とくにオイリー肌の人にとっては、外せないマストアイテム!私もオイリーなので携帯しています(*ゝω・*)

皮脂が原因の肌のテカリや化粧の浮きをなくすために欠かせないですよね!

でも・・・知ってました? あぶらとり紙もニキビを悪化させる原因になるんです!

ォィォィ、おかしくない?

だって、ニキビの原因の皮脂を除去する紙なのに、それがニキビを悪化させるなんて・・・。

私もそう思いました!けど、理由が分かったとき「なるほどなぁ」と納得しちゃいました。

どうして、あぶらとり紙がニキビを悪化させるのかというと、皮脂を除去する効果があるからこそなんです。

皮脂はなにもニキビを誘発するために分泌されてるわけではありません。本来は肌を守る重要な役割があります。

なのに、あぶらとり紙はその皮脂を除去してしまうので、肌が「やばい!皮膚が危険だ!」と危機を感じて皮脂を分泌します。

こうして再び皮脂が分泌され、しかも多量に分泌されるのでニキビの原因になってしまうんです。

あぶらとり紙の正しい使い方とは??

あぶらとり紙がニキビの原因になることは分かったけども、どうしてもテカリが気になる、ファンデーションの浮きが目立つ・・・。

どうしても今すぐ皮脂を除去したいときは、正しい使い方であぶらとり紙を使用してください。

意外と知られていないあぶらとり紙の使い方を説明します。

あぶらとり紙を使うときは「やさしく」が鉄則!力を入れたり、長く肌に押し付けていると刺激になります。

これもまた皮脂の分泌を促すと同じくニキビの原因になります。

テカリが気になるところをピンポイントで、やさしく拭き取りましょう。拭き取るというより、さっと肌に乗せて吸収させるイメージです。

肌に押し付けると皮膚に刺激を与えるので注意してください。

もう一つポイントがあります。それは、あぶらとり紙を使った後!

ミストタイプの化粧水などを使用して、肌に潤いを与えましょう。皮脂の分泌は肌の水分力が低下しても増えてしまいます。

皮脂を取り除いたあとに十分に水分を与えれば、肌が「皮脂が足りていないから分泌しないと!」と誤解することも、ニキビが増えることもありません。

夏はあぶらとり紙、冬はティッシュがおすすめ!

あぶらとり紙以外でも、テカリやファンデの浮きを抑える方法があります。

意外にも「ティッシュ」が効果的です。

ティッシュオフと呼ばれている方法ですが、聞いたことあります?

ティッシュはあぶらとり紙に比べても刺激性が低くて、余分な皮脂をとりたいときに便利なんですよ!(`・ω・´)

ティッシュオフの良いところは、ティッシュはそれほど皮脂の吸収性が良くないこと。だからこそ、的確に余分な皮脂だけをとれます。

皮脂をとりすぎないのでニキビを悪化させる原因も作られず、肌にやさしい方法です。

とくに冬は乾燥しやすいのでティッシュがおすすめです。

オイリー肌の人でも冬の乾燥した気候は影響します。乾燥している分、肌もデリケートになっているのであぶらとり紙はNG!!

ニキビができているときは絶対に使わない方がいいですよ。

夏は汗もかいて皮脂の分泌も増えやすくベタつく時期なので、あぶらとり紙を使っても構いません。

ただ、使うときは正しい使い方でケアしてくださいね。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
ニキビの原因に直接届くお手入れキットです。
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ予防の洗顔石鹸になります。ロングセラーアイテムで、持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ予防のクリーム。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^