うそっ!?ファンデーションのパフ・スポンジがニキビの原因になる?

■この記事は約3分で読めます。

pafu_mini

食生活も規則正しい、運動もしてる。スキンケアだって毎日丁寧に施してる。それなのに、ニキビが治らない・・・。

治らないニキビの原因は、もしかすると「パフorスポンジ」かもしれません・・・(゚Д゚;)

ファンデーションを塗るときに使うパフやスポンジはお手入れしていますか?

全くしていないという人もしばしば・・・。

パフやスポンジに汚れがついていたら?それで顔にファンデーションを塗ったら、一緒に汚れもうつると思いませんか?

汚れが毛穴に詰まれば炎症を起こします。。また、ニキビができていても、メイクはしますよね。

スッピンでいたくても仕事に行くときはメイク必須ですし、ニキビを隠すためにメイクすることもあります。

ニキビにパフが触れると、そこからアクネ菌がうつりますし、パフを洗わなければアクネ菌が殺菌されることはありません。

つまり、ファンデーションを塗るとき一緒にアクネ菌まで肌に塗り込んでいることにもなるんです!

原因菌を自ら肌にうつしてしまうので、ニキビは治るどころか増えてしまいます。

アクネ菌が原因でニキビに!?ケアや予防はどうすればいい??

えーっ!じゃあ、パフ・スポンジを洗ないと。でもどうやって洗えば…

パフやスポンジは一見汚れが見えなくても、うじゃうじゃと菌が繁殖しています。

夏の季節になると、その数8万個もの菌が繁殖するとか・・・。想像しただけで怖ろしいですね(´・ω・`)

雑菌のついたパフが肌に触れると考えると気持ち悪いですし、ニキビや肌荒れの原因になるので定期的にお手入れしてくださいね。

パフ・スポンジの洗い方は簡単です。

ポイントは「押し洗い」です。洗面器もしくはボウルなどに水を入れて、そこにパフ・スポンジを浸してください。

その中で優しく押し洗いしましょう。水の濁りがなくなるまで丁寧に洗ってくださいね!あとは陰干しして乾いたらお手入れ完了です。

このとき、石けんや洗顔料を入れて洗っている人も多いみたいです。が、「なかなか汚れが落ちない・・・」という人も。。

汚れだけでなく菌を落とすためには殺菌した方がいいので、専用のクリーナーや洗剤を使った方がいいかもしれません。

とくに敏感肌の方は専用のクリーナーを使ってパフやスポンジをお手入れしてください。

洗い方はわかったけど、パフ・スポンジの選び方がわからない…

パフやスポンジはメイク道具の中でも「どうでもいい」存在になっていません?意外と重要なメイク道具ですよ!

新しいファンデーションを試したとき、「肌に合ってる!いいかも!」と感じること多くないですか?

それってほとんど新しいパフのおかげなんです。パフの質も重要で、良いパフやスポンジを使えばメイクのりも良くなるんですよ。

それに、パフやスポンジ表面の質が悪いと肌に刺激を与えて肌荒れを招いたり、ニキビを作ってしまうこともあります。

お徳用パックなどもありますが、量より質を重視してパフを選んでください。

大体、ファンデーションを新しくすると備え付けのパフで済ませることが多いと思いますが、これはNGです!

パフやスポンジは必ず予備を用意しておきましょう。

メイクののりのよさをキープしたり、ニキビを予防するためにはパフもお手入れしないといけません。

洗った後は陰干しするので乾くまで時間がかかります。

ですから、予備を用意しておかないと、パフを洗っているときにメイクできなくなっちゃいます!

パフやスポンジは「キメが細かい」ものを選んでください。キメが細かいとファンデも肌に塗りやすく、メイクのりもよくなります。

広い面と角がちゃんとある卵型のパフも良いですよ♪リキッドファンデを使うときはリキッド用を選んでくださいね。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
ニキビの原因に直接届くお手入れキットです。
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ予防の洗顔石鹸になります。ロングセラーアイテムで、持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ予防のクリーム。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^