最悪…過食症でニキビができた…どうやって治せばいいの??

■この記事は約3分で読めます。

kashoku_mini

ストレスなどで過食気味になることはありませんか?

過食が継続している状態は過食症です。いわゆる摂食障害の一種です。

摂食障害と診断されていない人でも、過食気味なら早急に治した方がいいですよ!できればクセになる前に治すべき症状です。

過食症は食べ過ぎてしまうので太りますし、ニキビの原因になります。

もし過食症でニキビができたら、まずは脂肪分が多い食べ物を控えることから始めてみてください。

脂っこい肉料理や揚げ物など脂肪分の多い食べ物と、スナック菓子や甘いお菓子も避けましょう。

「食べないとイライラする」と感じるなら、野菜や豆腐、こんにゃくなど低カロリーのものを食べると効果的です。

第一段階として、過食症を治すというより脂肪分の摂取量を減らすことを意識してみてください。

脂肪分の多い食べ物を減らすだけでも、肌に良い影響が起こります。

脂質を摂り過ぎると皮脂分泌が増えるので、その手の食べ物を避ければ皮脂分泌も正常になってニキビも治りやすく、できにくくなります。

知ってますか??炭水化物を食べ過ぎるとニキビができる理由を・・・

過食症が悪化すると、別の病気を引き起こすので要注意!

脂肪分の多い食べ物を減らすのが第一段階ですが、過食症自体を治した方が体のためにもなり、美容にも良い影響があります。

そのままでは悪影響のみで、体のバランスが崩れてしまいます。

過食症が悪化すると他の病気を誘発してしまいます!まず、過食症に近い病気が「過食嘔吐」です。

ストレスなどで過食したあと、吐き出す病気のことです。食べれば太ってしまうので、それを防ぐために吐くことを始めるのが病気のキッカケになります。

過食症だけでも体に負担がかかるのに、さらに嘔吐してしまうと体への負担は大きくなります。

胃や食道に影響して傷ついたり破裂することがあり、体内の鉄分やビタミンが減少することで貧血体質になります。

過食症は生活習慣病の原因にもなります。

食べ過ぎることによって、高血圧や糖尿病を発症するリスクが高くなります。

高い血圧や高血糖は腎臓に負担をかけてしまうので、今度は腎臓病に・・・。

過食症は精神的な病気にもつながり、うつ病を合併することもあります。

ニキビができるなど美容以前に健康にとって悪い障害なので、過食症はできるだけ早期に治すようにしてください。

過食症を治すために私が実践した方法!

喫煙に使われる言葉ですが、過食症にも『百害あって一利なし』という言葉が当てはまると思います。

偉そうなこと言ってる・・・と思われそうですが、実は私も過食症だった経験があります。

ですから、過食症でニキビができたりイライラするつらさも分かるんですよね。。。

過食症を治すには、趣味など食べる事以外に熱中できる楽しみを見つけると良いですよ。実際に私もこの方法で改善できたんだと思います。

他の事に熱中すると、他の欲求が満たされるので、食べなくてもイライラしなくなります。

イライラするストレスが過食症の主な原因なので、ストレスを解消できる他の趣味を見つけると気分もリフレッシュできます。

しかし・・・買い物でリフレッシュする方法はおすすめできません。思った以上にお金がかかってしまうので・・・。

でも、食べ物にかけていた分のお金で欲しい服が買えると思うと、気分が良くなり過食も減るかもしれません。

私的におすすめしたいのは、スポーツです。

運動が苦手な人には向いていませんが、好きならスポーツで汗を流して気分をリフレッシュする方法はいかがでしょうか?

私もやっていたことですが、スポーツに熱中した時、過食の症状も落ち着いたし体質も改善されて適度な筋肉がついてボディラインも引き締まりました。

適度な運動なら空腹感を減らしたり、ニキビケアにも効果的です。

スポーツではなくても、とにかく食べる事以外に趣味を見つけてみてくださいね。

※スポーツをされたい方は、こちらの記事が参考になりますよ^^

スポーツや運動で汗をかいた方がニキビが発生しにくい??

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^