豆腐がニキビ・ニキビ跡対策に効果ある??納豆とどっちがいい??

■この記事は約3分で読めます。

tofu_mini

ニキビに良い食べ物といえば、野菜などどれもこれも栄養価に優れているものです。

が、豆腐もニキビやニキビ跡対策に効果的と言われています!

あまり栄養価が高いわけではないのですが、ニキビに良い理由は『大豆イソフラボン』があるからです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きがあります。

エストロゲンは女性らしさを作るために重要なホルモンなのですが、ストレスや加齢によって減少してしまいます・・・。

すると、肌が荒れやすくなったり、ニキビができたり、次々と肌トラブルが起きてしまいます。

大豆イソフラボンを摂る=エストロゲンを補給することにつながるので、ニキビ対策に効果的なんです!

豆腐を食べることでニキビが治りやすくなったり、できにくくなるなど嬉しい効果がたくさんあります。

豆腐は良質なタンパク質も含んでいますが、これもニキビ対策に効果的な理由の一つなんですよ。

とくにタンパク質不足のニキビに悩んでいるなら豆腐がおすすめ。

納豆と豆腐はどっちがニキビ・ニキビ跡対策にいい?

大豆イソフラボンは大豆製品に含まれています。豆腐に限らず、日本食の代表「納豆」にだって。

じゃあ、納豆と豆腐ならどっちがニキビ・ニキビ跡対策にいいんでしょう?

私的には、納豆の方がおすすめです。

納豆は大豆イソフラボン以外に、血液をサラサラにするリノール酸やナットウキナーゼ、ニキビに良いビタミン類、さらに納豆レシチンも含んでいます。

レシチンは排毒洗浄作用があるのでニキビだけでなく、シミや肌荒れの改善効果やカサカサ肌の抑制にも効くんです!

一方の豆腐はあまり栄養価が高くありません。

良質なタンパク質を摂れるところは良い点ですが、どちらかといえば納豆の方がよりニキビ対策に効果が期待できます。

ここで気を付けてほしいことが一つ!あくまで「バランスよく食べること」が大切ですよ。

納豆だけ食べたり、豆腐だけ食べるような生活ではニキビ対策になりません・・・。

どちらも健康にも良い食べ物ですが、食べ過ぎると体調を崩すようなトラブルのリスクもあります。

納豆がニキビに効果あるのか知りたい!改善する??悪化する??

豆腐に副作用はある!?注意したいデメリットは??

豆腐は食べ物なので副作用はありません。体にも良いしニキビ対策にもなって肌や美容にもおすすめの食品です。

が、デメリットはいくつかあるのでご注意を!

まず、ニキビに効果的な理由でもある「大豆イソフラボン」です。

これ自体に副作用はないんですが、エストロゲンと似た働きがあるのでエストロゲンの分泌が多いときなどに摂り過ぎてしまうと、逆に女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

すると、生理サイクルが崩れたり、子宮ガンや乳ガンなど女性特有の病気のリスクが高くなってしまうので気を付けてください!

ちなみに摂取目安は1日70~75mgです。

サプリを利用する場合は、大体30mgまでなら上乗せしても問題ないとされています。

とくに妊娠中はホルモンバランスの乱れが胎児にも影響してしまうので、あまり摂り過ぎないように気を付けてくださいね。

普通に食べる分には問題はないですが、食べ過ぎは豆腐は低カロリーでもカロリーを摂り過ぎたり、タンパク質や炭水化物も必要以上に摂ってしまうので気を付けましょうね。

知ってますか??炭水化物を食べ過ぎるとニキビができる理由を・・・

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
ニキビの原因に直接届くお手入れキットです。
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ予防の洗顔石鹸になります。ロングセラーアイテムで、持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ予防のクリーム。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^