水溶性プラセンタエキスはニキビやニキビ跡に効果的!※あの化粧水が口コミで評判なんです!

■この記事は約4分で読めます。

今ではもうプラセンタは美容成分の代表的な存在になっていますよね!

シミやたるみに効くと言われていますが、ニキビの効果も持ち合わせています。美容クリニックでもプラセンタ注射が背中ニキビの治療に使われています。

そうなんです。顔のニキビだけでなく背中ニキビ、さらにニキビ跡にも効果があると言われています。

プラセンタには成長因子が含まれています。

これが「細胞を活性化して新陳代謝を活発にする」「コラーゲンやエラスチンなどの生成を促す」「コラーゲンを破壊する活性酸素を除去する」などの働きを持っています。

新陳代謝が活発になるとターンオーバーが整って、ニキビだけでなく色素沈着を防ぐこともできます。

これが跡に効く理由とも言われています。

それから、細胞が活性化されることでコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった体内で作られる美容成分の生成が盛んになります。

さらに厄介な活性酸素を除去する力があるので、総合的に見てもニキビやニキビ跡に効果が期待できるんです!

ちなみに、プラセンタの場合は水溶性の方が安定しているそうです。

プラセンタは世界の三大美女も愛用していた!

プラセンタが美容成分として高い効果があると知られるようになったのはごく最近のような感じがしますが・・・。

実はルーツをさかのぼると、考えられないほど古い時代から使われていたようです!

日本でプラセンタが治療に使われるようになったのは1930年代頃です。

それ以前に、古代ギリシャ紀元前4世紀頃に、医学の父と呼ばれていた医師のヒポクラテスがプラセンタを利用した治療を始めたそうです。

そう、そもそもは治療として用いていたんですね。

そして、紀元前69~30年頃に、かの有名なクレオパトラが美容のために使っていたようです!

なんでも若さを保つために利用していたとのこと。

さらに、マリーアントワネットや楊貴妃までもがプラセンタを美容のために使っていたと伝えられています。

なんとも・・・。古くから世界3大美女が愛用していたようです。

ちなみに中国では秦の始皇帝時代からあったそうで、唐の時代になると漢方医学でも利用されるようになり、楊貴妃が健康と美容のために愛用していました。

真実を追求することはできませんが、このように世界三大美女がプラセンタを使ってきたという言い伝えが残ってるんです。

水溶性プラセンタエキス配合のニキビ・ニキビ跡ケアができる化粧水は……

世界三大美女がどのようにプラセンタを補給していたか分かりませんが、現在では手軽にプラセンタを肌に与えることができます^^

時代の進化に感謝ですね!

プラセンタ注射も一つの手段ですが、自宅でも簡単にプラセンタをスキンケアに取り入れられます。

その方法とは~・・・

プラセンタ配合のスキンケアアイテムを選べばいい! 

たったそれだけのことです。

水溶性プラセンタエキス配合で、ニキビやニキビ跡をキレイにできる化粧水をお探しなら、プロスキンがおすすめです。

リプロスキンはニキビケアに特化した化粧水なのでニキビに悩んでいる人に嬉しい処方になっています!

近頃では人気のまとめサイト、ネイバーでもリプロスキンの情報が取り上げられています^^

こちらの記事⇒リプロスキンのまとめ記事

香りがちょっと苦手という人や、もっと量が欲しいという方もいますが、実際に使った人の評判は良いですね^^

私の妹も今でもリプロスキンを愛用していますが、使い始めの頃に比べるとニキビ跡がキレイになっています。

ちなみに妹の場合はリプロスキンに加えて、私が愛用しているこの洗顔石鹸も使用中(横取りされました;;)

ニキビ跡を放置していても良くなるということはありませんし、一生肌ブツブツ肌のまま…というのは、やっぱりしんどいですよね……

メイクも気を使うし、ずっと肌を気にして過ごさないといけません……

そんな毎日を変えるために、ニキビやニキビ跡を根本的にしっかりケアしていきたい!

というあなたには、リプロスキンがきっと役立ってくれます。

興味があるという方は、こちらの体験レビューを参考にされてください↓↓

水溶性プラセンタエキス配合のリプロスキンを体験しました!

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
ニキビの原因に直接届くお手入れキットです。
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ予防の洗顔石鹸になります。ロングセラーアイテムで、持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ予防のクリーム。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^