ヒアルロン酸はニキビやニキビ跡に有効!※あの洗顔料がおすすめ!

■この記事は約3分で読めます。

hada1234_mini

ヒアルロン酸といえば、潤い成分や保湿成分として有名ですよね!

保湿ケアはニキビやニキビ跡対策に有効なので、ニキビケアに取り組んでいる女性の間でも有名。

そもそも、ヒアルロン酸は人の体内で生成されています。真皮のコラーゲンやエラスチンの間に存在する成分なんですよ。

知ってました?

ヒアルロン酸には肌の水分を保つ働きがあるので、保湿に欠かせない成分です。

これが、ニキビやニキビ跡に効果がある理由なのですが・・・。

でも、もし、ヒアルロン酸が減ってしまったら・・・?

容易に想像できますが水分を保持する力が低下するので肌の表面が乾燥してしまいます。

乾燥すると外部刺激を受けやすくなってニキビができやすくなったり、肌のハリも失われてしまいます。

ヒアルロン酸を生成する「繊維芽細胞」という細胞が加齢とともに数が減少したり、働き自体が低下してしまいます。

その結果、ヒアルロン酸の生成量も減ってしまいます。つまりは、加齢によってヒアルロン酸は減少してしまうんです!

しかも、繊維芽細胞はコラーゲンやエラスチンなどの生成も行っている重要な細胞です。

ヒアルロン酸は、正しい使用法を守ればニキビができる原因にはならない!

潤いのために化粧水などを選ぶときにコラーゲンを意識している人が多いと思いますが、実はヒアルロン酸が水分保持には重要です!

ヒアルロン酸を補うためにも配合製品を使っていきたいところですが、

ネットの口コミでヒアルロン酸製品を使っていたら「ニキビができてしまった!」という話もあるそうです。

でも、そんなことって本当にあるんでしょうか・・・?

そもそも体内で作られている成分なので肌に異変が起きるとは考えにくいですし、

どちらかと言えば、使い方が間違っていたという可能性の方が高いです。

どんなに肌に良い成分でも、使い過ぎたり、使い方を間違うと逆効果になるので気を付けてください。

製品を使い始める前に、正しい使用法を確認して必ず守ってくださいね。そうすれば、ニキビができる原因にはならないはずです!

他に理由を考えてみると、化粧水に配合されている別の成分でアレルギー反応を起こした可能性があります。

添加物がたっぷり使われていたり、自分の肌に合わない成分が入っていないか確認してくださいね。

ヒアルロン酸でのニキビケアは、まずは洗顔から!

先ほどから化粧水の話ばかりしていますが・・・。

ヒアルロン酸でニキビケアをしたいなら、まず先にしっかりとした洗顔が大切になります。

肌は洗顔するとすぐ乾燥してしまいます。毛穴も引き締まるので化粧水の成分が効率よく入りません。

とくに乾燥しやすいなら、洗顔の時点で潤いを与えてできるだけ保湿しておいた方がニキビケアに効果的です。

ヒアルロン酸配合の化粧水は数多くありますが、実は洗顔料もあるんです。

中でも薬用ニキビ専用洗顔石鹸ノンエーは、ニキビケアに特化した洗顔料で、高い保湿力があります。

もちろん、ヒアルロン酸もしっかり入っていて、さらにローヤルゼリーやリピジュアという潤い成分も配合。

どれも天然成分なので肌にやさしく、保湿&ニキビケアに適しています。

ローヤルゼリーがニキビやニキビ跡に効果的な理由!

無添加だから肌にもやさしい石鹸です。石鹸って泡立ちにくいイメージがありますが、ノンエーは「カリ含有石ケン素地」を開発。

通常のものに比べると約4倍もの弾力と泡立ちがあるので、ニキビやニキビ跡を傷つけずに洗顔ができる上、保湿も実感しやすくなります。

詳しくは、こちらを参考にされてください↓↓

ヒアルロン酸配合のニキビ用洗顔石鹸「ノンエー」の体験談レビューはこちら!

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
ニキビの原因に直接届くお手入れキットです。
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ予防の洗顔石鹸になります。ロングセラーアイテムで、持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ予防のクリーム。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^