スクラブ洗顔料はニキビ跡やクレーター肌に使ってはダメ!!その理由とは??

■この記事は約3分で読めます。

2014-12-30_160135_mini

ニキビやニキビ跡、クレーターの改善にはスキンケアが大切ですが、ケアの中でも「洗顔」はとても重要だとよく言います。

それで洗顔方法から見直している女性も多いと思いますが、「スクラブ洗顔料」に切り替えてケアしていませんよね?

スクラブ洗顔料は、はっきり言ってニキビ跡やクレーターに良くありません!

むしろ逆効果です。。良くも悪くも洗顔力が強力な洗顔料です。

だからこそイメージ的には汚れを徹底的に除去して、ニキビトラブルを改善できると思いがちですが、実は違います。

ニキビなどデリケートな肌トラブルには適していません。

ニキビができてしまった肌はバリア機能が低下していて、ちょっとでも刺激すると炎症が悪化します。

そうして跡が残ったり、クレーターに発展してしまいます。

極論になってしまいますが、スクラブ洗顔料での洗顔が肌に刺激を与えて、ニキビ跡やクレーターの原因になることもあります。

とくにニキビ肌の人にはおすすめできません。。

もしスクラブ洗顔料を使っていてニキビが悪化したり治らないようなら、早急に洗顔料を変えた方がいいですよ!

ニキビ肌専用の洗顔料を買ってみました!その結果…

スクラブ洗顔料の正しい使い方!

スクラブ洗顔料は特殊な洗顔料なので、使い方にも気を付けてくださいね。

ニキビがあるときはおすすめできませんが、毛穴や角質が気になるときには役立ちます。

ただ、使い方を間違えると肌トラブルの原因になるのでご注意を!

意外と知られていないのが「毎日使ってはいけない」ということ。スクラブ洗顔料の洗顔力が強いので、毎日毎日使うものではありません。

使用頻度については週1~2で充分です。

毎日使っていると必要な角質まで取り除いて、逆に皮膚に刺激を与えて肌が荒れてしまいます。

デリケートな状態になり、外部刺激によってニキビができたり、ニキビ跡を誘発することもあります。

また、使うときはしっかりと泡立ててください。普通に洗顔する場合も洗顔料を泡立てると思いますが、他の洗顔料よりも念入りに。

もこもこの泡ができるまでしっかり泡立ててから、顔を洗うようにしてください。

洗顔の際は、力をいれずになるべく優しく洗ってください。泡で包み込むように洗い、間違っても洗顔料を毛穴に押し込むような洗い方はしないでくださいね。

スクラブ洗顔料のメリット・デメリットとは?

スクラブ洗顔料は正しく使うと、メリットがあります。とくに毛穴が目立つ・古い角質が残っている人には大きいメリットが。

何度も洗顔力が強いと説明しましたが、スクラブは角質除去剤のことなので肌の角質を取り除くことができます。

角質で汚れている場合や角質で黒ずみができている肌には効果的です。ピーリングのような働きがあるので、肌がすっきりとします。

効果としては、「透き通る肌になる・メイクのりがよくなる・顔色が良くなる・アンチエイジング」といった効能があります。

しかし、角質除去剤なので刺激が強いので毎日使えないところがデメリットです。毎日使っていると肌の力が弱まって外部ダメージを受けやすくなります。

結果、肌が荒れたり、ニキビの悪化など肌トラブルを引き起こすこともあります。

とくにデリケートな肌質の人やニキビ肌の人には向いていません。デメリットの方が大きいです。

皮膚が強くて、脂性肌などの人にはメリットがあります。

このようにスクラブ洗顔料には善し悪しがあるので、肌に合っているなら定期的に使い、合っていない場合は使わない方が肌のためです。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^