フロモックスのニキビへの効果、副作用とは?

■この記事は約3分で読めます。

フロモックスを知ってますか?

フロモックスとは、塩野義製薬から発売されているセフカペンやピボキシルを主成分とした薬です。

さまざまな細菌感染症に使用されていますが、ニキビ治療への効果にも期待できることでも知られています。

今回は、フロモックスのニキビへの治療効果について詳しくお伝えします。

 なぜ、フロモックスがニキビ効果があるのか?

ニキビはアクネ菌が毛穴に侵入することで発生するため、フロモックスの細菌の細胞壁の合成を阻害して破壊する働きが効果的なのです。

ただしフロモックスは抗生物質なので、初期段階のニキビよりも重症化したニキビ治療に使用する薬になります。

抗生物質は腸内細菌のバランスを崩す恐れがあるので、初期段階の小さなニキビを治すには、デフェリンゲルやダラシンTゲルといった軟膏を使用した方がいいでしょう。

ニキビによってアクネ菌が繁殖すると、皮膚は異常に気づき免疫機能を働かせるためニキビが赤く腫れてしまいますが、

フロモックスを使用することでアクネ菌の繁殖を防ぎ、素早く減少させて免疫の働きを抑えるので、ニキビの悪化を防ぐことができるのです。

ニキビが重症化してしまった場合でも、アクネ菌の素早い殺菌によってニキビ跡が残りにくく、クレーターやケロイドのような肌のトラブルの予防にも効果を発揮します。

ただし、すでに出来ているニキビ跡、色素沈着、クレーターを治すことはできないので注意されてください!

 フロモックスのメリットとは?

フロモックスがよく処方される理由の一つに、副作用の起こりにくさがあります。アレルギー症状もペニシリン系の薬と比べれば少ないので、危険性は少ないでしょう。

また、服用後は腎臓から排泄されるため、体への負担が少ないこともメリットの一つになります。

フロモックスの使用方法、副作用や注意点!

フロモックスのような抗生物質は、皮膚科にて2週間分程度が処方されて、成人の方なら、通常1日3回、食後に服用します。

ニキビの治療でフロモックスを使う場合には、2週間程度、服用を続けると効果を実感することができますが、服用を延長するかどうかは、経過を見ながら決めることになります。

難治性もしくは効果が不十分と思われるケースでは、さらに量を増やしてフロモックスを服用する場合もあります。

フロモックスは副作用が非常に少ないので安心して飲むことができる薬ですが、人によっては副作用が出ることもあります。

副作用として多いのは下痢です。

フロモックスの持つ抗菌作用によって、腸内細菌のバランスが崩れて下痢、血便、嘔吐、腹痛、倦怠感、口内炎、といった症状が出ることがあります。

こうした副作用が見られたら、すぐに服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

また、ごく稀にですが、重度の副作用としてアナフィラキシーショックや血圧低下、急性腎不全、腹痛などの症状が出ることもあります。

注意点としては、処方された期間を守って服用を続けるということでしょう。

症状が改善すると、すぐに服用をやめてしまう人もいますが、処方された薬はしっかりと飲み切るようにしてください。

症状や年齢によって服用する量や回数に違いがあるので、指示された方法にしたがって服用されてください。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^