顎ニキビの原因と治し方を徹底調査しました!

■この記事は約9分で読めます。

2017-01-12_181202-compressor

一度できるとなかなか治りにくい顎ニキビ。

顎はあまり汗を各部位ではないので、ついニキビとは無縁と思ってしまいがちですが、実は皮脂分泌も活発で汚れや細菌が付きやすいところです。

しかも、一度できると次々とできてしまいやすく、精神的ストレスからさらに悪化させてしまうといった事も。

治りにくいだけに、しっかりとした対策が必要。顎ニキビがどうしてできてしまうのか、その原因と改善・予防方法について調べてみました。

顎ニキビを治す前に、まずは原因を知ろう!

ニキビと言えば頬や額に大量にできるイメージがありますが、実は顎もニキビができやすい部位となっています。

顎は汗は少ないものの皮脂腺が多く分布されているので、皮脂が詰まりやすく乾燥もしやすい部位。

ニキビができると、目立つことからついつい手で触ることも多くなり雑菌が付きやすく、それがさらに状態を悪くしていってしまうのです。

女性の場合、ヘアスタイルによって毛先が顎に当たることが多く、それが原因で顎ニキビができる事も。

厄介なことに、顎ニキビは一度できると治りにくく、どんどん増えていってしまうのですから困ったもの。

ニキビには思春期に出てくるニキビ、大人になってから出てくるニキビの2タイプあるのですが、顎ニキビはその発症傾向から、後者の大人ニキビに入ると考えられているようです。

顎ニキビ最大の原因はホルモンバランスの乱れ

顎ニキビができてしまう理由はさまざまですが、大きく目立つのがホルモンバランスとスキンケアによるもの。

女性は定期的な生理による影響からも、ホルモンのバランスが崩れやすく、肌の状態もコロコロ変化するといった大変な一面があります。

女性ホルモンの一つとして分類される黄体ホルモンが、皮脂を生み出す量を増やそうとするため、ニキビを生み出しやすい状況へと変えてしまいます。

これだけでなく、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどもホルモンバランスを大きく乱すこととなり、ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌を増加させて男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌を促進。

皮脂の分泌量を多くして、顎ニキビを発生させてしまうのです。

洗顔と保湿不足が顎ニキビを作る

スキンケアについても、やり方を間違っていたりケア不足であるとニキビを作っていくことになります。

洗顔と保湿はもはや常識になっているとはいえ、目元や頬、鼻などに意識を集中させてしまい、あごやフェイスライン周辺は意識が薄れている人も少なくありません。

洗顔時に顎の部分がきちんと洗浄できていなかったり、洗顔料を使ったときのすすぎ残し、保湿効果のある化粧品は顔周りにまで塗布できていないとニキビを発生することに。

ニキビは多すぎる皮脂分泌からできるものであり、大量に皮脂が生み出されるのは乾燥によるもの。

洗顔がきちんとできていない上に保湿も十分でないと、堂々巡りでニキビが増えることとなるのです。

顎ニキビ発生のキッカケは、男性と女性で違いはあるの?

女性は定期的に来る生理によって、なかば強制的にホルモンバランスが調整しにくくなります。

それが顎ニキビを作りやすくするのですが、男性は女性のように定期的にホルモンバランスが乱れることはありません。

ただ、男性の場合は女性と違って髭剃りという日常的な手入れがあり、これが大きな顎ニキビの要因となっています。

髭剃りは肌へのダメージが大きいもので、肌トラブルを引き起こしやすいもの。

とはいえ、ヒゲは個人差があるものの毎日伸びてくるものなので、やらないわけにはいかず…ダメージが大きいとわかっていても日々おこなうことで、顎ニキビができやすい状態に。

手で触ることが多い部位でもあるので汚れも付きやすく、皮脂が詰まってしまいニキビとなるのです。

また、男性も女性と同じくストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れによる、ホルモンバランスへの影響というのは無視できないものとなっていますし、洗顔や保湿がうまくできていなければ、男性も女性と同じく顎ニキビが増えるものとなります。

最近では肌への刺激が抑えられた電気カミソリやT字カミソリ、肌を守る効果があるシェーピングクリームや髭剃り後につかるケア用品なども充実しています。

男性も女性と同じように、洗顔や保湿、そして肌に優しい髭剃りを心がけていかないといけないのです。

顎ニキビが増えてしまうのはなぜ?

顎ニキビを作らないように、洗顔や保湿に気を付け、適度にストレス発散し、早めの就寝にバランスを考えた食事と、顎ニキビができないように気を付けているのになぜか大量にできてしまう…。

自分なりに一生懸命に改善しようとしているのに、顎ニキビが減るどころか増えてしまうと、もうどうしたらいいのかわからなくなってしまいますね。

顎ニキビが増えてしまうのは、もしかしたら水分不足が原因となっているのかもしれません。

必要な水分量が不足してしまうということは、お肌への水分量も不足するという事であり、それはお肌の乾燥を意味する事となります。皮膚が乾燥すると、周りの環境によるダメージから肌を守る防衛機能が衰えます。

刺激に弱くなるだけでなく、肌内部に雑菌などが入り込みやすくなってしまいます。つまり、炎症をおこしやすくなり、それが顎ニキビをどんどん増やしていくのです。

しかも、肌が乾燥するとかゆみが感じられ、無意識にうちに爪で掻いてしまう事も…。

潤いのない乾燥した肌に爪を立てると大変なダメージを与えるとともに、爪にこびりついている雑菌が肌に投入されてそれが炎症をおこしてしまうので、ますます顎ニキビをひどいものにしていくのです。

水分不足が招く、顎ニキビ。

いくら洗顔や保湿、ストレス解消、生活習慣の改善に努めても、根本的なところが不足していると、顎ニキビは治るどころか増えていってしまうのですね。

顎ニキビを治すための予防・対策!

大人ニキビの一種である顎ニキビは、一度できるとなかなか治りにくく、繰り返してしまう事も多い厄介なトラブル。

何もしないで放置しておけば、そのうち消えるだろう…なんて悠長な考えは通じません。

下手をするとニキビ跡として残ってしまう事もあるので注意が必要です。

(1)ホルモンバランスを整える

顎ニキビができる一番の原因と言えば、ホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスはストレスの有無で大きく変わってきますので、なるべく受けるストレスを小さくしたいもの。

とはいえ、人はストレスをまったく受けずに生活するのは無理。

ある程度のストレスは必須であり、過剰に受けないようにします。そして、適度なストレス発散が大事。何事も、溜め込むのはいけないということなのです。

また、規則正しい生活と十分な睡眠、バランスのとれた食生活がとれるように、これまでの生活を見直し、改善できるところは改善するようにします。

生活全般を見直すことで目に見えた効果は感じにくいですが、顎ニキビの状況を良くすることはあっても悪くすることはありません。

(2)手抜きをしないスキンケア

顎などのフェイスラインというのは、ついついおざなりになりがち。

今一度、きちんと洗顔ができていたか、保湿は十分にされているのかを確認しましょう。

洗顔はもこもこに泡立てたたっぷりの泡で、顎もしっかりと泡で優しく包むように洗います。

すすぎはしっかりとおこない、洗顔料の成分が顔に残らないようにします。できてしまった顎ニキビには、毛穴に詰まっているメイクや皮脂汚れを、傷つけないようにやさしくしっかりと取り除きます。

洗顔後はローションで水分を補い、乳液などでカバーして水分を保持できるようにします。

このとき使うのは、肌質にあったものはもちろん、低刺激のものがいいでしょう。

美容液を使う場合は、皮脂分泌を調整するビタミンC誘導体や、バリア機能の回復作用があるセラミドを含んでいるタイプがおすすめです。

(3)こまめに水分補給

お肌が水分不足では乾燥を招き、バリア機能を低下させてニキビができやすい状態にします。

肌の機能を上げることがニキビ予防、そして改善には必要不可欠であり、それには水分が必須です。

こまめに水分補給をすることで、バリア機能を回復させてニキビが増えるのをセーブできるようになります。

できれば、1日2リットルほどの水分補給は心がけるようにしたいものです。

(4)紫外線から守る

顎は、紫外線を浴びやすい部位。しかも、せっかく塗った日焼け止めも、手や衣類やスカーフなどが触れて取れやすいもの。

日焼け止めをこまめに塗りなおすなどして、他の部位よりも気を付けたほうがいいでしょう。

また、無意識に手で触りやすい部位なので、手についていた雑菌が顎に移りやすく、それがニキビを悪化しかねません。

顎ニキビができている状態は通常よりも敏感になってしまっているので、なるべく触らないように注意が必要です。

顎ニキビを改善するには、ホルモンバランスの改善や丁寧なスキンケア、水分補給、紫外線予防などのセルフケアが必須。

それでもなかなかニキビが改善できない場合は、クリニックへ相談するのも一つの方法です。

顎ニキビがしこりになっているときは、どうやって治したらいい?

ボコッと腫れて痛みがあり、触るとしこりのように固くなっている…これは「しこりニキビ」とも呼ばれるもの。

このしこりニキビは、黄色っぽい芯があるタイプと、芯が見えないタイプとに分かれます。

前者は、毛穴に詰まってしまった皮脂の内側でアクネ菌が繁殖しているために赤くなってしまっており、膿がたまり固くなってしまっています。

色味が赤色より紫色に近いほど症状は悪く、膿に血が混ざっている状態。

後者では、ほとんど色が変わらない場合もあればうっすらと赤みがかっている場合もあり、皮脂のつまった状態が、皮膚の深い部分で発生しているためにニキビの芯が見えないものとなっています。

どちらのタイプにも共通していえるのが、長期化しやすく治りにくい、そして繰り返し起こりやすいという事。

特に芯が見えないタイプでは、皮膚の奥深くでおこっているので、表面からよりも内面からのアプローチが必要となります。

長びくと肌細胞がダメージをうけてしまい、治そうと細胞が頑張るほどニキビ跡が残りやすくなるといった悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

しこりニキビを治すには、肌の再生能力を高めることが重要なので、生活習慣の見直し肌をきれいに保つように心がけなければいけません。

食事は1日3食、野菜を中心に摂り、適度な運動、そして良質な睡眠環境を作ります。

また、ニキビを触らないようにするのはもちろん、タオルや枕カバーなど顎が触れる部分はこまめに取り替えるようにします。

洗顔はたっぷりの泡で包み込むように洗い、すすぎはしっかりと。洗顔後は清潔なタオルでやさしく水気を拭き取ります。

肌の再生力を上げると、屈強なしこりニキビも次第にその症状が改善されていきます。

顎ニキビ、顎ニキビ跡の対策は「メルライン」がぴったり!

IMG_1073-compressor

顎やフェイスラインのケアアイテムとして名高い「メルライン」。

美白作用、保湿力、皮膚組織の機能を再生が期待でき、オールインワンゲルタイプで保湿力も高く、メイクとの相性も良いので使いやすいものとなっています。

ニキビ対策成分としては炎症を和らげるグリチルリチン酸2k、保湿力の高い水溶性プラセンタエキス、コラーゲンと、最適な成分が配合。

じっくりとニキビを改善し、できにくい肌にしていくのを目的にした低刺激化粧品なのです。

顎ニキビ対策を頑張ろう!

顎ニキビは、一度できてしまうとなかなか治すのが大変。

目立つ部位でもあるので、つい気になった手で触って悪化させてしまう事も…。

洗顔や保湿といった基本的な対策はもちろん、顎ニキビに適したケア用品を取り入れるのも効果的です。

日々の生活習慣を大事にしながら丁寧なケアで顎ニキビを治し、できにくい肌にしていきたいですね。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^