首ニキビの原因と治し方を徹底調査しました!

■この記事は約13分で読めます。

kubinikibi

10代の若い子は思春期ニキビとして、それ以降は大人ニキビと名前も原因も変えて苦しめられるニキビ。

ニキビというと顔や背中にできるものと思っている人が多いですが、実は「首」にもできるもの。

首ニキビは皮脂分泌が活発な部位ではないのでつい油断してしまいがちですが、生活習慣や食事などに原因がいくつかもあり、一度できるとなかなか消えてくれないので厄介。

原因をしっかり把握し、原因となる要因を改善していくことで、首ニキビが早くきれいに治っていきます。

首ニキビの原因とは?

ニキビの中でも、首にできる首ニキビはなかなか直すのが難しいと言われている厄介なもの。

なによりも痛みがあるのが辛いところで、これは顔や背中にできるニキビにはない特徴です。

でも、ニキビといえば皮脂や古い角質が毛穴につまり、アクネ菌がそれを食べることで繁殖してひどくなるといわれているのに、皮脂の分泌が少ない首になぜできるのでしょうか?

普通なら、ニキビなんでできにくい部位です。

なぜ、首ニキビができてしまうのかというと、首にある毛穴は顔よりも小さく、ちょっとした汚れでもすぐに詰まってしまうからです。

しかも、新陳代謝がそう活発におこなわれる部位ではないので、一度ニキビができてしまうとなかなか治らない…といった悪循環になりやすいのです。

3つの部位で原因が違う

首ニキビは、首どこでできたかでその原因や改善策が異なるもの。首の上部・下部・後ろと違い、共通している原因は乾燥ですが、それぞれに違う原因があるのです。

 首の上部にできるニキビ

顎ラインからのど仏の上あたりはにできる原因は、ストレス。ストレスからくる「脂汗」です。

ストレスを感じると、それが皮脂腺近くにある副腎皮質を刺激し、悪性ホルモンを分泌。悪性ホルモンが皮脂の分泌量を増加させて、首ニキビを作っていきます。

また、ストレスが脳にある視床下部にも強い影響を与えるようになると、ホルモンバランスを崩すだけでなく、自律神経にも悪影響を与えてしまい、それが皮脂分泌と代謝を乱してニキビを作りやすくします。

 首の下部にできるニキビ

首の下部にできるニキビの原因は、紫外線です。なぜなら、首の下あたりというのは、首の中でも紫外線が一番当たりやすい部位。

しかも、皮膚が薄いことからも、紫外線によるダメージが大きくなってしまうといった特徴が。肌を守ろうとする働きで角質が厚くなり、不要な角質が増えて毛穴をすっぽりと詰まりやすくします。

しかも、皮脂分泌が少ないことからも乾燥しやすく血行不良になりやすく、それがターンオーバーを遅らせて老廃物が排出されにくくなり…そしてニキビができます。

 首の後部にできるニキビ

首に後ろ側というのは、意外と皮脂分泌が活発なところ。

しかも、洗いにくい場所ではないものの、髪の長さによっては襟足の髪が邪魔となり洗い残しがあったりと、汚れが残りやすいところでもあるので、首の中では一番にニキビができやすいのです。

増えてしまうのはなぜ?

首にできるニキビの厄介なところは、一度できると繰り返しできやすく、そして増えやすくなってしまうという事。

普段はあまり首に対して無頓着な人も、ニキビができてしまうと専用の石鹸やニキビケアアイテムを首にも使い、原因と考えられるストレスや紫外線などを気を付けるようにしますが、

なぜか繰り返しニキビが増えたり、改善されるどころか逆に増えている人も少なくありません。

こうしたケアの努力がなかなか見られない人というのは、実は他のところ…生活習慣にニキビを作ってしまう原因がある可能性が大なのです。

間違った食事が招く首ニキビ

飲んだり食べたりしている食材から、人の身体は作られていきます。生きるのに必要な水分摂取や、糖質の過剰摂取はニキビを増やしやすくするのです。

 胃腸に負担をかける水分補給

水分補給は生命を維持するために必要なものですが、過剰摂取したり、キンキンに冷えた水や熱すぎるお湯などでは、逆に胃腸の働きを悪くして新陳代謝を低下させてしまうといった欠点が。

しかも、胃腸のバランスが崩れてしまうと便秘になりやすくなり、食べ物や水分のバランスを保つのも難しくなり、それがお肌にダイレクトに影響をしていきます。

水分摂取は1日2リットルぐらいにしておくのが、一番良い量と言われています。

 糖質の取りすぎ

食事で摂取する糖分は、ニキビを作る元。なぜなら、糖質はビタミンやミネラルをものすごく大量に使うからです。

消化するのに長く時間がかかってしまうと、免疫力の方が手抜き状態になってしまい肌細胞が劣化。これが、ニキビを発生しやすい状態にしてしまいます。

こんな生活をするとリスクが大きい

睡眠不足や溜まったままのストレス、ホルモンバランスが整っていない状態はニキビを増やす元。

水分摂取や糖分の取りすぎ行った食事面での注意だけでなく、日常生活においても気を付けなくてはいけないのです。

 睡眠不足

睡眠不足がお肌に悪いのは、普段から美容に気を付ける人にとっては当たり前の常識。

日中に受けたお肌のダメージというのは寝ている間に修復されるので、睡眠不足では十分な修復がなされず、ストレスも受けやすくなり男性ホルモンが増加。

ホルモンバランスが崩れると肌のターンオーバーも乱れて皮脂が過剰に分泌。肌の修復もうまくなり、ニキビがぽこりぽこりとできていく…と、悪循環です。ニキビが増えるだけで、治りにくくなります。

 過度のストレス

ストレスは溜まりやすく、発散しにくいもの。でも、だからといって放置しておくと、放置した分だけ肌機能が低下します。

肌機能が低下するとニキビができやすくなり…改善されないままだと、減るどころか増えることになるのです。

生きていくうえでストレスを全く感じなくすることはできませんので、ストレス発散できるなにかを見つけておかないとニキビの改善は難しいです。

 ホルモンバランスが崩れる

ホルモンバランスが崩れることで発生するニキビは、生理とストレスが大きな原因。

生理が近くなると皮脂をたくさん分泌させる黄体ホルモンが優位な状態になるので、大量の皮脂で毛穴が詰まりやすくなります。

強いストレスを受けると、自律神経の一つである交感神経ばかり働くため、男性ホルモンが増えることになり、ホルモンバランスが整わずニキビが発生しやすい状態になります。

粉瘤(アテローム)の場合は皮膚科へ

首ニキビと思っていたら、実は違った!…なんてことも。なかなか治らず、次第に肥大するようなら、それは粉瘤(アテローム)になっているかもしれません。

アテロームの場合は、すぐに皮膚科にいって受診する必要があります。

粉瘤(アテローム)とはどんな病気?

アテロームは皮膚にできる良性腫瘍で、医学的には「表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)」と呼ばれています。体のどこにでもできるものですが、首はできやすい部位の一つとなっています。

皮膚の下に、袋状の構造をした嚢胞(のうほう)ができ、本来ならお肌のターンオーバーで外部に排出されるはずの古い角質が袋の中にたまってしまった状態。

最初は触るとしこりが感じられるぐらいですが、そのまま放置しておくとどんどん大きくなり、巨大なものでは数十cmになることも。

急に大きくなり、色も黒や青、黄色っぽくなるので、見つけた時の衝撃はかなりのものです。

アテロームとニキビの違いは、大きさだけではありません。アテロームの中央には黒い点がみられ、周囲を強く圧迫するように押すと、臭くてドロリとしたものが出てきます。

痛みやかゆみはないものの、細菌が侵入してしまうと炎症をおこし、膿がたまって赤く腫れあがり、痛みも感じるようになります。

粉瘤(アテローム)ができる原因とは?

アテロームの原因は外部からの傷が原因とも言われていますが、ほとんどが原因不明。毛穴の出口付近の皮膚がめくれて袋ができるからでは…といった説が一番有力ですが、はっきりとそうだとは言えません。

ちなみに、毛穴のない手の平や足裏にもできることもあり、こちらは小さな傷などで皮膚の一部がめくれて袋状の物になってしまうことからと考えられているようです。

どちらにしも、ちょっとしたきっかけで皮膚の一部が袋状になり、そこに角質が入り込みアテロームになってしまう…といったところ。

ただ、あまりも多発する場合は、体質的な原因が関係している可能性もあります。

粉瘤(アテローム)は皮膚科で治す

アテロームは危ない病気ではないのですが、自然に消滅することがない厄介なもの。

そのまま放置していると、どんどん大きくなったり炎症を起こしたり…ひどい状態にまで進行すると治すのが大変になるばかりか跡も残りやすくなります。

ニキビも早めのケアが必要ですが、アテロームも早めのケアが大事なので、アテロームとわかったらすぐに皮膚科を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

また、アテロームは再発する可能性があるので、手術できれいに袋を取り除くのが大事。

炎症を起こしていなければ簡単な手術で除去します。そうでない場合では、抗生物質を内服したり、小さく切開して膿を出したりと、まずは炎症を抑える治療をしてからの手術となります。

首ニキビを治すための予防・対策!

首ニキビを予防するには、首を清潔にする事と乾燥予防が大事。

ただ、そうはいってもやりすぎは良くありません。正しい洗い方や気を付けるポイントがわかっていると、自然とニキビができにくい状態にすることができるのです。

また先の述べたように、洗い方が悪いだけでなく食事や生活習慣などからも首ニキビはできるので、そうした要因も取り除くようにしないといけません。

丁寧な洗い方と保湿で首ニキビを予防

首は、体と同じくボディタオルでゴシゴシ洗っている人も多いかもしれませんが、意外とデリケートな部分なので、洗顔の延長線として洗った方が安心。

ボディタオルなどでゴシゴシこすらないで、丁寧にすすぎ残しがないように洗います。

また、お風呂上りにタオルで拭く際も、ゴシゴシ拭き取らないで優しく水分を拭き取るようにします。

特に注意したいのが、髪の長い人!

襟足などに汚れが残ってしまう事もあるので、丁寧かつ念入りに洗い流します。そして、お風呂から出たら保湿ケアを忘れずに。

日常生活に潜むの原因を改善する

日常生活において、知らず知らずに首ニキビを作ってしまっていることもあり。

紫外線や水分補給、食事による大量の糖質、睡眠不足、ストレスなどがホルモンバランスを崩して首ニキビを作りやすくするので要注意です。

 紫外線から肌を守る

紫外線対策として一番有効なのが、日焼け止めクリームを塗る事です。

日傘も一緒に使うと、紫外線カット効果もアップ!夏場は当たり前ですが、それ以外の季節は忘れがち。

塗るのが面倒な場合は、ストールなどのファッションでカットするのもいいですね。

ただ、日焼け止めクリームでウォータープルーフなどは落ちにくいものもありますので、念入りにしっかりと落とすように気を付けます。

 水分補給は常温で、1日2リットル以内

キンキンに冷えた水や熱すぎるお湯は、胃腸を痛めてしまい、それがホルモンバランスを崩すことになります。

できれば水は常温で。1日にガバガバと大量に飲むのではなく、2リットルを目安にしておきます。

 糖質はほどほどに

糖質をまったく摂取しないのも問題ですが、摂りすぎるのは大問題。

糖質を抑えて、たんぱく質をしっかりと摂取するようにしたいもの。首ニキビだけでなく、健康面でも良い変化がみられるかもしれません。

 睡眠不足

質の高い睡眠は、ホルモンバランスを安定させてくれます。

湯船にゆっくりとつかり、アルコールは控えめに、テレビやスマートフォンなどの電子機器は目を覚ましてしまうので見ないようにするのがいいです。

ゴールデンタイムと呼ばれるお肌の回復時間は、夜の10時から深夜2時頃と言われていますので、この時間は眠るようにしたいもの。

肌を回復させて首ニキビができにくい健康状態に近づけます。逆に夜更かしは首ニキビを増やしかねないのでNGです。

また、就寝時の寝具にも注意。人は寝ているときも汗をかいており、首があたるシーツや枕カバーが不潔では、そこから細菌が繁殖して首ニキビを作ります。

それを予防するためにも、寝具はこまめに洗って清潔な状態をキープするようにしましょう。

 過度のストレス

人はストレスを常に受けている生き物。上手にストレス発散する必要があります。

自分の趣味に没頭する時間を作るのも良いですし、こまめにリラックスタイムを作るのもいいですね。

自分が楽しいと思えることをすれば、くさくさしていた気持ちもリフレッシュされ気持ちも前向きに。それが肌の力を向上させるのです。

潰して治す方法もあるがリスクが大きい!

どうしても気になり…触っている間にぷちっと潰してしまうこともあるニキビ。

ニキビをつぶすと白っぽい膿が現れてくるのですが、これはニキビの芯と呼ばれるもの。

現れた膿をきれいに除去してしまえば、治るスピードが変わってきます。が、そうでなくてもニキビは自然治癒力で元通りになりますので、無理に潰すこともないでしょう。

しかもニキビを潰すといった行為には、大きなリスクがあります。膿を出し切れなかった場合、そこにまた膿がたまってしまうといった堂々巡りに。

当然、なかなか治らず時間と労力だけが過ぎていきます。

では、強い力でガツンとニキビを潰せば大丈夫!…と、おもいっきりやってしまうと、その部分が赤くなってしまい、治るのにも時間がかかることに。

しかも、若い年齢ならまだしも、加齢による肌の老化の進行具合では、色素沈着やシミとなってしまうのですから怖いものです。

いわゆる、ニキビ跡もこの部類に入ります。

このように、ニキビを潰してさっさと治したいというのは、肌にとってはリスクが高い方法。

きれいに膿が出し切る事ができればいいですが、そう簡単にできるものではありません。

練習台なんてありませんから、まさに一か八かの賭けになる…無謀な賭けで潰すのはやめたほうがいいでしょう。

この化粧品で対策を!

IMG_1073-compressor

「メルライン」とは、首元やフェイスラインのニキビケア専用につくられたジェル。顔や背中、デコルテ部分にも使えます。

ニキビの炎症を抑える成分や保湿成分を高濃度に配合しており、独自抽出したビオカタライザープラセンタで、美白や保湿、皮膚組織の機能を構築したりターンオーバーと整えたりと、健康な肌へとサポートしてくれます。

嬉しいことに、敏感肌の人でも使える無香料・無添加。肌への刺激成分がないので、どんな肌質でも心配なく使えます。

さらに、フェイスラインの引き締め効果もあるというのですから、小顔を目指す女性には一石二鳥なジェルなのです。

使い方は、専用ベラで手に乗せ、気なる部分に優しく塗り込むだけ。1日2回、洗顔後に使用します。ニキビやニキビ跡、黒ずみがある部分は重点的にやるのがポイントです。

まとめ

首ニキビは、きちんと洗えていなかったり、乾燥によるもの、さらには日常生活や食事が影響してひどくします。

一度できるとなかなか治らないので潰してしまうこともありますが、よほどうまく膿を出し切らないと再発を繰り返すことに…下手したら跡が残ってしまうので、やめたほうがいいでしょう。

首ニキビを作る原因と考えられることを、じっくりと手をかけて改善していくのが、きれいに首ニキビを治す秘訣。

乾燥対策として「メルライン」のような専用アイテムを取り入れると、効率的な変化が見られるでしょう。

メルラインが、早くきれいに首にできたニキビを消し増えないようにサポートしてくれ、ニキビがなかなか消えない事へのストレスも緩和されます。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^