アトピーになる原因はコレ!赤ちゃんと大人で違いはあるの??

■この記事は約3分で読めます。

atopi

アトピーは遺伝性でなることもありますが、食べ物で症状を引き起こしたり空気汚染が原因になることもあります。

小児アトピーはまず病院で診察を受けてください。

原因を分析して、その原因を失くす生活を送ることでアトピーを防げます。

もしその原因が食べ物であれば、その食品を避けることでアトピーは悪化しませんし、症状も予防できます。

症状がひどいときは、特に治療が必要になりますから、早めに病院で診てもらいましょう。

また、小児アトピーは大人になるに連れて基本的に治癒すると言われています。

子供のことが心配になりますが、あまり神経質にならないようにしましょう。

ところで、近年は成人のアトピーが増加しているって知っていました?

成人したら突然ニキビが増えてしまったという人がいるように、突然アトピーになってしまったという人もいます。

成人のアトピーはニキビと似ている部分がありますが、同じアトピーでも赤ちゃんや子供と大人では違いがあるんです。

アトピーの原因は、大人と赤ちゃんや子供で違いはあるの?

赤ちゃんや子供と、大人では原因が異なります。

赤ちゃんや子供のアトピーの場合は、よく言われるのが「遺伝性」「空気汚染」「食べ物」です。

ですが、大人になってからアトピーを発症したときは、適切なケアが必要になります。

もちろん、子供でも薬の治療や保湿が必要ですが。

大人のアトピーの原因は、ニキビと似ています。主な原因は「生活習慣」と「乾燥肌」です。

どちらも、大人ニキビの原因とも言われています。

まず生活習慣というのは、睡眠不足やストレス、それから食べ物です。次に、乾燥肌ですが、大人になると肌は乾燥しやすくなります。

肌の保水に欠かせないセラミドやコラーゲンが減ってしまうので、特に30代頃になると肌はどんどん乾燥します・・・

これが原因でアトピーを起こす人が多いそうです。

ということはですよ。肌を保湿していれば、アトピーも防げるということです^^アトピーになったあとでも、しっかり保湿することで改善できます。

⇒ アトピーとニキビの違いとは?併発する事ってある??

アトピーを悪化させないためにはどうすればいい?

アトピーを悪化させないためにはどうすればいいのか調べてみました。

悪化させないポイントは2つありました。

まず1つ目は、「生活習慣の改善」です。子供のアトピーでも食事などに原因があるなら改善してあげてください。

大人のアトピーでは食生活だけでなく、睡眠やストレスなど生活習慣すべて見直してみましょう。

2つ目は最も重要なことです

それは「保湿ケア」です。

子供でも大人のアトピーでも、悪化させないポイントは保湿にあります。肌の乾燥はアトピーの原因にもなりますが、症状を悪化させてしまいます。

乾燥していると角質層に隙間ができるため、そこからアトピーの下人になる有害物質が侵入してしまいます。

徹底的に保湿することでバリア機能が正常になるので、アトピーの悪化も防ぐ事もできます。

もし、あなたが早くアトピーをなんとかしたい!という場合は、こちらの「みんなの肌潤糖」という保湿剤がオススメです。

モンドセレクションで金賞を受賞している日本で1番売れている保湿剤になります。

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
ニキビの原因に直接届くお手入れキットです。
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ予防の洗顔石鹸になります。ロングセラーアイテムで、持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ予防のクリーム。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^

アトピーになる原因はコレ!赤ちゃんと大人で違いはあるの?? はコメントを受け付けていません。 アトピー