アトピーとニキビの違いとは?併発する事ってある??

■この記事は約3分で読めます。

kayui1

アトピーとニキビは肌の状態が似ていますが、どう違うんでしょうか?

アトピーの場合、湿疹が続くと「痒み」の症状が出ます。

それが我慢できずに掻いてしまい、出血することがあります。皮膚は赤みを帯びたり、ぽこっと腫れたり、極端に乾燥するなどの状態になります。

また、アトピーの症状が発症する場所は人それぞれですが、手足の関節によくあらわれます。

一方のニキビはピンポイントで発生する炎症です。

よくあらわれるのが顔、大人ニキビなら背中や首周りに出ることがありますが手足は滅多にありません。

このように症状からしてアトピーとニキビは違います。ですが、原因を見てみると生活習慣や乾燥肌など、共通点もあります。

規則正しい生活習慣と保湿ケアにより、アトピーもニキビも予防また改善することもできるのです。

アトピーは立派な皮膚疾患ですので、どうも症状が悪い場合は病院で診てもらうのが賢明です。

血液検査などによって原因も分かりますから、よりスムーズに改善できます^^

アトピーとニキビが併発する場合もある!

アトピーとニキビが併発する場合もあります!

というのも、アトピーによってニキビが併発するケースがあるんです。

皮膚にはさまざまなトラブルがありますが、この2つを併発してしまうととても厄介です。

最も厄介なのは、顔にどちらも発症するケース・・・。

原因が似ていることもあって、生活習慣の改善と保湿ケアは両方に効きます。けれども、治療薬を使うとなると、アクシデントが!

ニキビはただ炎症するだけですが、アトピーは痒みが出てしまいます。

我慢できずに掻きむしると出血してしまうので、ステロイド軟こうを使って痒みを抑えることがあります。

けど、このステロイド軟こうは成分のワセリンが毛穴を塞ぐため、炎症が悪化してしまいます。

このように、ただのアトピーと自己判断して薬を使ってしまうと、併発しているニキビを悪化させることもあるので注意してください。

先ほども触れましたけど、原因が似ているので徹底的にケアするこことでどちらも予防することができます。

どちらかを発症する前に、予防する方が先決ですよ。

⇒ アトピーになる原因はコレ!赤ちゃんと大人で違いはあるの??

アトピーとニキビが併発したら、どうやって治療すればいいの?

もしも、アトピーとニキビが併発したら、どうやって治療すればいいの?併発したときのことを考えて、前もって知識は身に付けておきたいですね。

そこで調べてみました^^

医師の話によると、ステロイド軟こうを使うこと自体は悪くないそうです。

ただ、使い続けているとニキビの方が悪化してしまうので、痒みがひいたら軟膏は使用を中断した方が良いそうです。

それから、ニキビは抗生物質の内服薬で治療することがありますが、これも使い続けるものではないようです。

途中で飲むのをやめるとまたひどくなることもあるので、サプリメントで代用するという手もあります。

このとき使うのが、抗菌や抗酸化作用のある成分入りのサプリメントです。

あとは、生活習慣の改善と徹底した保湿ケアが効果的な治療につながります^^

できるだけ早くキレイな肌になりたいというあなたは、こちらがオススメです♪

 ニキビケア専用化粧水41%OFF全額返金保証付き!

【重要】ニキビを治したくない人は見ないでください!

ルナメアAC
抜群の浸透力と有効成分が、ニキビやニキビ跡を撃退してくれます!どうしてもニキビが治らない場合はコレ!
アリス 「NonA(ノンエー)」
ニキビ専用の洗顔石鹸になります。実感力の高いロングセラーアイテムで、ニキビ肌の方は、必ず持っておきたい洗顔料です。
メルライン
あご・首周りのニキビ専用のクリーム。実感力が高いので、リピーター急増中のアイテムになります。
 
※ニキビを治したい!というあなた限定です↓↓

 【決定版】厳選!ニキビケア化粧品ランキング!!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^

アトピーとニキビの違いとは?併発する事ってある?? はコメントを受け付けていません。 アトピー